お肌に潤いを与える

スキンケアの仕方

保湿をする

 洗顔をして汚れを取り除いたらお肌の保湿をします。肌質は人それぞれですが、オイリー肌でも乾燥肌でも混合肌でも、それぞれの特徴に合っている保湿の方法があります。自分の肌質がどのような状態なのかを十分に理解してから保湿をするようにしてください。

 保湿は複数の基礎化粧品を使います。使う化粧品は化粧水、乳液、保湿クリームなどを使います。基礎化粧品を使ってスキンケアをするときに化粧水は欠かすことができません。しっかりとたっぷりと化粧水を使ってお肌に潤いを与えていきます。基礎化粧品で重要な役割を果たす化粧水は、多くのメーカーで様々な商品が販売されています。どの化粧水が良いかを判断するために、しっかりと情報収集をして自分のお肌の状態に合った化粧水を選ぶようにしてください。

 化粧水を使ったら乳液やクリームを使ってお肌の保湿をしていきます。乳液やクリームの役割は、化粧水の効果が失われないようにお肌に閉じ込めるという意味合いがあります。継続して潤いが保てるように、乳液やクリームも化粧水とセットで使いたい基礎化粧品となります。スキンケアは毎日の積み重ねが大切です。常にお肌の状態を維持するために、クレンジングと洗顔を毎日して、化粧水、乳液、クリームをしっかりと使い分けるようにしましょう。